×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CB400Fの聖地『アゲイン』情報!

CB400Fの聖地『アゲイン』

カテゴリー :CB400F アゲイン

CB400Fといえば、HONDAが作った初の集合マフラーと、今まで発売していたバイクよりも後退したステップを採用し、国産ながらカフェレーサースタイルを取り入れたバイクとして話題になりました。
また、このCB400Fは発売当時、中型二輪免許でも乗れる唯一の並列4気筒エンジンを搭載したバイクでもありました。
現在、CB400Fは絶版となり旧車となりましたが、今でもファンは全国に数多く居ますよね。
そのCB400Fにおいて抜群の人気と知名度、技術を誇るのが、大阪狭山市東野中にあるバイクショップ『アゲイン』です。
アゲインにてカスタムされたCB400Fは、バイク雑誌の表紙を飾ったり、モーターショーにも出品されるなど高いクオリティーは一般のライダーだけでなくテレビなどのメディアも認めるところとなっています。すごいですよね!
サンテレビの『Like a wind』はバイクスタイル情報番組ですが、こちらのCB400Fの解説でアゲインがマシン協力をしたり、出演している土建屋よしゆきさんのバイクレストア企画でアゲイン代表松永氏が『レストアの匠』として紹介されています。
まさにCB400Fの聖地『アゲイン』ですね!

コラム > CB400Fの聖地『アゲイン』について書かれています。

CB400Fのエンジンパーツ、コンプリートエンジンが存在する!

カテゴリー :CB400F パーツ

30年以上も人々を魅了し続ける、HONDAの名車「CB400F(ヨンフォア)」。
CB400F(ヨンフォア)を手に入れたら、もちろん見た目も大事ですが、コンディションも常にベストを保ってほしいものです。
そこで、ボディーのパーツやサスペンションパーツなどいくつかあるパーツの中から、エンジンパーツのコンプリートエンジンについて紹介します。

まず、コンプリートエンジンとは・・・
ショップが思い入れのある車種等のエンジンを、ボアアップ、ハイカム加工、面研、点火時期の変更などによって、パワーを上げたエンジンです。
ショップによって好みも異なる為、仕様などが統一されておらず、パーツの中でもオリジナリティがでるのも特徴の一つです。
例外もありますが、オーバーホールも兼ねて行うのが一般的です。
ちなみに日本ではCB400F(ヨンフォア)のエンジンコンプリートは未設定ですがアメリカやイギリスではCB400F(ヨンフォア)のエンジンコンプリートも存在していて、価格は当時昭和59年の価格で1100ドル程度だったそうです。
 しかし、昭和61年に輸入を試みたそうですが、すでに在庫無し!とても希少価値の高いパーツですね!

コラム > CB400Fのエンジンパーツ、コンプリートエンジンが存在する!について書かれています。

アゲインのCB400F用オリジナルパーツ大人気!

カテゴリー :CB400F アゲイン

モーターサイクルカスタムファクトリー『アゲイン』、特に珍しい名前でもないバイクショップです。
 しかし実はHONDAのCB400Fに関して、全国で指折りのバイクショップなのです。
 アゲインは一般ライダーだけではなくテレビや雑誌などのメディアも認める『CB400Fの聖地アドレス』なのです。
 大阪に構えるアゲインの店舗ではCB400Fのレストア、カスタム、販売まで手がけます。
 大阪から遠い地方に住むライダーでも購入できるようにアゲインではネットによるCB400Fの販売もしています。
 車両本体は当然ですが、カスタムのためのアゲインオリジナルパーツも作成、販売をおこなっています。
 販売されているバイクのカスタム用、もしくは純正部品の生産中止などのために、バイクを作るメーカー以外のメーカーが部品を製造することがあります。
 社外パーツと呼ばれるものですが、やはりCB400Fに関しても旧車で純正の部品が少ないことと、バイク自体の人気が高いためアゲインの作る社外パーツが多く市場に出ています。
 クオリティーが高いためヤフーオークションでの転売などもたくさん出品されていますね!

コラム > アゲインのCB400F用オリジナルパーツ大人気!について書かれています。